ご注意

この手順は以下の製品が対象です。

  • Lightning G3 Pro Unit 専用コンテンツデータは新規セットアップ専用です。
    既存のサイトにインポートすると全て消失します。
  • インポートした後のIDとパスワードは vektor になります。変更してご利用ください。

コンテンツデータ / プラグイン Lightning G3 Pro Unit をダウンロード

Vektor WordPress Solution (以下、VWS)にログインして「ダウンロード」より以下のファイルをダウンロードしてください。

  • コンテンツデータ:拡張子「.wpress」のファイル
  • プラグイン Lightning G3 Pro Unit:拡張子「.zip」のファイル lightning-g3-pro-unit.zip
STEP
1

プラグイン All-in-One WP Migration をインストール

セットアップに必要なプラグインをインストールします。

  1. 管理画面の【プラグイン】>【新規追加】ページを開く

2. 右上の検索窓に「All-in-One WP Migration」と入力

3. All-in-One WP Migration のプラグインが検索結果として表示されるので「今すぐインストール」をクリック

4. インストールが完了したら「有効化」ボタンをクリックしてプラグインを有効化

これで管理画面の左側のメニューに「All-in-One WP Migration」が追加されているのが確認できます。

STEP
2

インポート前に最大アップロードサイズを確認

デモデータのインポート前に、WordPressの「最大アップロードファイルサイズ」を確認してください。

【 All-in-One WP Migration 】>【インポート】画面を開き、「最大アップロードファイルサイズ」がコンテンツデータ(拡張子「.wpress」のファイル)より小さい場合は 、上限値を引き上げる作業が必要です。

最大アップロードファイルサイズを増やす方法

アップロードサイズの上限値は、ご利用のサーバーによって初期値が異なります。以下をご参考にご対応ください。

STEP
3

コンテンツデータのインポート

最大アップロードサイズに問題なければ、先程ダウンロードしたコンテンツデータをインポートします。

  1. 【 All-in-One WP Migration 】>【インポート】画面を開く
  2. ダウンロードしたファイルをドラッグ & ドロップ、あるいは、画面中央の「インポート元」のメニューを開いて「ファイル」からダウンロードしたファイルを選択してインポートを開始します。

「 開始 」をクリックしてインポートを完了させます。

無事インポートが完了すると「サイトをインポートしました。」と表示されます。

「 完了 」ボタンを押してポップアップを閉じてください。

これでコンテンツデータのインポートが完了します。

STEP
4

ユーザー(vektor)でログイン

インポート前までログインしていたユーザー名ではログインできませんので、ご注意ください。

インポートが完了したら、一度ページを更新(リロード)してください。
ユーザー名とパスワードを入力する画面になります。

ユーザー名:vektor
パスワード:vektor

にてログインし直します。

STEP
5

パーマリンクを保存

【 設定 】>【 パーマリンク設定 】のページで設定は何も変更せずに「変更を保存」をクリックします。

パーマリンクの保存をしないと、ページが正常に表示されない場合があるので、ご注意ください。

STEP
6

プラグイン Lightning G3 Pro Unit をインストール

Lightning G3 Pro Unit はプラグインです。テーマではありませんので、ご注意ください。

ダウンロードしておいた Lightning G3 Pro Unit(拡張子「.zip」のファイル)をプラグイン】>【新規追加】よりインストールします。プラグインのインストール手順は以下よりご確認ください。

Lightning G3 Pro Unit をインストール後、最新にアップデートするには次の手順で説明するライセンスキーの設定が必要となります。

STEP
7

ライセンスキーの確認・設定

ライセンスキーを入力すると、管理画面からワンクリックで更新できるようになります。

VWSのマイアカウントにログインし、「ライセンスキー」にて確認してください。

管理画面の【設定】>【Lightning G3 Pro Unit 設定】をクリックしてください。

【ライセンスキー】にてライセンスキーを入力し「保存」をクリックしてください。

STEP
8

Lightning G3 Pro Unit / その他プラグインを最新にアップデート

管理画面【プラグイン】を確認し、Lightning G3 Pro Unit とその他のプラグインが最新でない場合は、それぞれ最新の状態に更新してください。

必ず最新にアップデートしてください。

STEP
9

テーマ Lightning を最新にアップデート

【外観】>【テーマ】にて該当テーマの「今すぐ更新」よりアップデートしてください。

必ず最新にアップデートしてください。

STEP
10

サイトの表示確認

サイトにアクセスして表示に問題ないことをご確認ください。

STEP
11

インポート後に必要な設定変更の手順

新しい管理ユーザーを設定

初期状態で作成されている vektor ユーザーは削除する必要があるため、かわりに管理ユーザーを作成します。

管理画面左メニューの「ユーザー > 新規追加」画面から、ユーザー名 (必須)、メールアドレス (必須)、パスワード、権限グループを設定します。

パスワードは自動で生成されていますが、必要に応じて管理しやすいように設定し直すことをもできます。

再設定をするには「パスワードを表示」をクリックして入力し直してください。

権限グループは「管理者」を選択します。(その他ユーザーを追加する場合は適宜設定してください。)

すべて設定し終わったら「新規ユーザーを追加」ボタンをクリックして保存してください。

STEP
1

元々のユーザー(vektor)を削除

一度ログアウトして新規作成したアカウントでログインし、元々登録されていた vektor ユーザーを削除します。

削除し忘れると第三者に簡単にログインされる可能性があるため、この作業は必ず行ってください!

削除を選択すると「ユーザーの削除」というページに遷移しますので、「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」にチェックを入れて「削除の実行」ボタンを押して削除を実行します。

STEP
2

管理者用のメールアドレスを変更

【 設定 】>【 一般 】のページで「メールアドレス」に登録してあるアドレスを任意のアドレスに変更してください。

変更後、新しく設定したメールアドレス宛にメールが送信されます。そのメールに記載のURLをクリックして承認することで管理者用のメールアドレスが変更されますので、必ず承認作業を完了してください。

STEP
3

お問い合わせフォームのメール送信先の変更

【 お問い合わせ 】>【 メール 】のページで「送信先」のアドレスを任意のアドレスに変更してください。

送信先は必ず任意のメールアドレスに変更してください。また、変更後は問い合わせフォームからテスト送信を実施し、受信可能なことをご確認ください。

STEP
4

プライバシーポリシーページの変更

プライバシーポリシーページの社名と代表者名を変更し、記載内容についても適宜変更してください。

STEP
5

各種設定

基本の設定が完了したら、それぞれの項目をご自身のサイトに合わせて変更してください。

設定の変更は【 外観 】>【 カスタマイズ 】にてカスタマイザーを起動します。

カスタマイザーが起動されると、項目ごとに鉛筆マークがあるのが確認できるかと思いますので、変更したい箇所の鉛筆をクリックしてください。そのまま編集画面にジャンプします。

すべてのページの画像やコンテンツを変更して、オリジナルサイトを完成させてください。

STEP
6

Lightning G3 Pro Unit の各機能については、以下よりご確認ください。