[ 解決済 ] lightning works unitのアーカイブの表示スタイルを、カスタマイズ内、「lightningアーカイブページ設定」を使って変更できるようにしたい

VWSとは フォーラム Lightning [ 解決済 ] lightning works unitのアーカイブの表示スタイルを、カスタマイズ内、「lightningアーカイブページ設定」を使って変更できるようにしたい

[ 解決済 ] lightning works unitのアーカイブの表示スタイルを、カスタマイズ内、「lightningアーカイブページ設定」を使って変更できるようにしたい

9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #50422

    谷田早苗
    参加者

    どうかお知恵をお貸しください。

    lightning works unitのアーカイブの表示スタイルを、カスタマイズ内、「lightningアーカイブページ設定」を使って変更できるようにしたいと思っているのですが可能でしょうか?

    現状では、カスタマイズ内、「lightningアーカイブページ設定」内に、「lightning works unit」で作成される、カスタム投稿タイプが出てきません。

    WordPressバージョン 5.7
    Lightning proバージョン: 8.9.4
    Lightning Works unitバージョン 2.1.1

    #50445

    石川@Vektor,Inc.
    キーマスター

    アーカイブレイアウト機能などは Works Unit の後で実装したもので、基本構造が違うので使用したままでは難しいです。

    それよりも、Works Unit で使っていた投稿タイプなどを手動で作った方が早いです。

    ざっくり手順としては

    1. カスタム投稿タイプマネージャーを使って、Works Unit で使っている投稿タイプとカスタム分類を作る
    2. カスタムフィールドを作成するプラグインを使って Works Unit で使っていたカスタムフィールドを必要に応じて登録する
    3. カスタムフィールドの内容を表示するためにコードをカスタマイズする

    という流れにはなるのですが、
    3はちょっとハードルが高いのでおそらくサポートが必要かと思いますが、
    1、2 についてはできそうでしょうか?
    ユーザーによってカスタマイズのスキルが大きく異るため、
    カスタム投稿タイプの作成手順については下記に記載してはおりますが、
    まずはご確認の上、不明な段階でその旨遠慮なく返信ください。

    カスタム投稿タイプマネージャー

    #50527

    谷田早苗
    参加者

    石川様、早々のお返事ありがとうございます。

    やはり、新規に投稿タイプを作成して、そちらに変更する方が早いのですね。

    カスタムフィールドは現時点では殆ど使用していませんので、

    1. カスタム投稿タイプマネージャーを使って、Works Unit で使っている投稿タイプとカスタム分類を作る
    2. Post Type Switcherなどの投稿タイプを変更できるプラグインを使って一括変更

    カスタムフィールドに多少データは入れてありますので、今後活用の目処が立てば

    ご提案2. カスタムフィールドを作成するプラグインを使って Works Unit で使っていたカスタムフィールドを必要に応じて登録する
    ご提案3. カスタムフィールドの内容を表示するためにコードをカスタマイズする

    と、このような考え方で進めたいと思うのですが、問題ないでしょうか?

    #50530

    石川@Vektor,Inc.
    キーマスター

    > 2. Post Type Switcherなどの投稿タイプを変更できるプラグインを使って一括変更

    → いえ、Works Unit で指定している投稿タイプ名・カスタム分類名でカスタム投稿タイプマネージャーから作成すれば、各記事の変換作業はしなくてもそのまま移行する事ができます。

    > ご提案2. カスタムフィールドを作成するプラグインを使って Works Unit で使っていたカスタムフィールドを必要に応じて登録する

    → こちらも同様で Works Unit で指定していたフィールド名と同じで作成すればそのまま使えます。

    > ご提案3. カスタムフィールドの内容を表示するためにコードをカスタマイズする

    ■ 投稿ループでカスタムフィールドの値を挿入する例(アーカイブ設定で Lightning標準以外の カード など選択時)

    add_filter( 'vk_post_options', 'my_vk_post_option_custom' );
    function my_vk_post_option_custom( $options ){
    
    	global $post;
    
    	// 改変する投稿タイプを指定
    	if ( $post->post_type === 'post' ){
    
    		// 最後に追加するHTMLを変数に入れておく。
    		// ここではカスタムフィールド size と weight の値を取得している。
    		$append_html  = '<table class="table-sm mt-3">';
    		$append_html .= '<tr><th>サイズ</th><td>' . esc_html( $post->size ) . '</td></tr>';
    		$append_html .= '<tr><th>重量</th><td>' . esc_html( $post->weight ) . '</td></tr>';
    		$append_html .= '</table>';
    
    		// 最後に追加するHTMLをオプションにセット
    		$options['body_append'] = $append_html;
    
    	}
    
    	return $options;
    }

    ■ 記事詳細にカスタムフィールドを表示する例
    * 未検証なので正常に動作しなかったらまた書き込みください。
    * カスタムフィールドを表示するブロックを作るプラグインなどもあったりしますので、そういうのを利用するのも一つの手です。

    
    add_filter( 'the_content', 'my_content_add_custom', 9 );
    function my_content_add_custom( $content ){
    
    	global $post;
    
    	// 改変する投稿タイプを指定
    	if ( $post->post_type === 'post' ){
    
    		// ここではカスタムフィールド size と weight の値を取得している。
    		$content .= '<table class="table mt-3">';
    		$content .= '<tr><th>サイズ</th><td>' . esc_html( $post->size ) . '</td></tr>';
    		$content .= '<tr><th>重量</th><td>' . esc_html( $post->weight ) . '</td></tr>';
    		$content .= '</table>';
    
    	}
    
    	return $content;
    }
    
    #50573

    谷田早苗
    参加者

    >→ いえ、Works Unit で指定している投稿タイプ名・カスタム分類名で
    >カスタム投稿タイプマネージャーから作成すれば、
    >各記事の変換作業はしなくてもそのまま移行する事ができます。

    ありがとうございます!

    早速試してみたところ、無事に移行できました。

    同じ要望の方の為に手順をもう少し詳しく書き出すと、

    1. カスタム投稿タイプマネージャーを使って、Works Unit で使っているのと同じ投稿タイプ名とカスタム分類名の物を作る
    2. Works Unitプラグインを停止する
    3.自動的に移行する。

    という流れでした。

    それから確認なのですが、カスタム投稿タイプマネージャーから作成した投稿タイプに移行すると、
    Works Unitの“メイン画像”として表示されていた画像は無くなってしまうので、
    必要であれば何らかの方法で設置する、という認識で合っていますでしょうか?

    #50574

    石川@Vektor,Inc.
    キーマスター

    > それから確認なのですが、カスタム投稿タイプマネージャーから作成した投稿タイプに移行すると、
    > Works Unitの“メイン画像”として表示されていた画像は無くなってしまうので

    メインの画像idがカスタムフィールドに保存されているけれど、WorksUnitを停止したらその画像idを読み込んで画像URLを取得してどこかに表示という処理はしてくれないので、確かに手動でアイキャッチ画像に再指定する手間は発生するかもしれません。

    アイキャッチ画像に登録してある画像とメイン画像は別で指定や、アイキャッチは未指定でしょうか?
    それとも同じ画像で登録していますか?
    後者なら特に何もしなくても一覧表示ではアイキャッチ画像が表示されるはずですが…。

    #50575

    谷田早苗
    参加者

    お返事ありがとうございます。

    アイキャッチは別で登録してありましたので、アーカイブの一覧表示の際など、ちゃんと表示されています。

    メイン画像というのは、投稿ページ内部のトップに大きく表示されるように設定できた機能の事を指していまして、実例集として使っていた方はビフォーアフターなども表示できたと思うのですが、この機能は引き継がれないですよね?という事の確認でした。

    解りにくくてごめんなさい。

    #50577

    石川@Vektor,Inc.
    キーマスター

    おっしゃるとおり残念ながら Before After の表示は Works Unit 固有の機能なので、そのままでは引き継がれないため、
    ページ内の画像は手動で配置する必要があります。

    #50582

    谷田早苗
    参加者

    メイン画像が引き継がれない件、承知しました。

    今回ご回答いただいた内容で、古いプラグインで作成した投稿タイプを、
    容易に新しい投稿タイプに移行できる事がわかり、とても助かりました!

    ありがとうございました!

9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。