[ 解決済 ] googleサーチコンソールで「サイトマップは読み取り可能ですが、エラーがあります。」「サイトマップがHTMLです。」とのメッセージが表示されてしまう。

VWSとは フォーラム Lightning [ 解決済 ] googleサーチコンソールで「サイトマップは読み取り可能ですが、エラーがあります。」「サイトマップがHTMLです。」とのメッセージが表示されてしまう。

[ 解決済 ] googleサーチコンソールで「サイトマップは読み取り可能ですが、エラーがあります。」「サイトマップがHTMLです。」とのメッセージが表示されてしまう。

  • このトピックには3件の返信、3人の参加者があり、最後にsuisei98により3週、 4日前に更新されました。
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #94908

    suisei98
    参加者

    フォーラムでの対象内容か分からなかったのですが、ライトニングの基本設定解説のサイトマップページの設定の動画をみましたが、HTMLでの作成のようですが、googleサーチコンソールではXML形式で作成したほうが良いとの色々な記事があるようです。

    現在ライトニングで作成したホームページを運用中ですが、XML形式でサイトマップを作製するにはどのようにするのでしょうか?
    何かプラグインを使用するのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    #94943

    解説動画の冒頭で解説されていますが、この機能で表示するサイトマップは、人間が見て、このサイトにはこんなページがあるのか、と全体を俯瞰してもらうときに使うものです。Googleに送信するサイトマップは作れません。

    Google用のサイトマップは、私は、XML Sitemap Generator for Google というプラグインを入れて作っています。

    #94939

    mk
    モデレーター

    お世話になっております。ベクトルスタッフの松田です。

    ご覧にいただいた動画は、HTMLサイトマップの設定方法について説明しています。HTMLサイトマップは訪問者向けのものです。一方、Googleサーチコンソールで推奨されているXMLサイトマップは、検索エンジン向けのものですので、役割が異なります。

    1. HTMLサイトマップ
    サイトの訪問者がサイト内のページを見つけやすくするためのもので、通常はサイト内のページとして表示するものです。訪問者がサイトの全体構造を把握し、特定のページにアクセスするのに役立ちます。
    2. XMLサイトマップ
    検索エンジンのクローラーにサイトの全ページを知らせ、効率的にインデックスさせるためのものです。Googleサーチコンソールなどのツールに登録して、検索エンジンにサイトの構造を通知し、SEOを強化します。

    WordPressでは、デフォルトで基本的なXMLサイトマップが自動的に生成されますが、以下のようなプラグインで詳細な設定やカスタマイズが可能となります。

    • Yoast SEO
    • Google XML Sitemaps
    • All in One SEO Pack

    よろしくお願いいたします。

    #94972

    suisei98
    参加者

    しあわせ屋根屋様、松田様、ご指導ありがとうございます。
    試してみます。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。