[ 解決済 ] ショートコードの内容を検索したい時

VWSとは フォーラム Lightning [ 解決済 ] ショートコードの内容を検索したい時

[ 解決済 ] ショートコードの内容を検索したい時

タグ: 

  • このトピックには8件の返信、2人の参加者があり、最後にmomoにより4ヶ月、 3週前に更新されました。
9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #49474

    momo
    参加者

    Lightningの話題では無く、WordPressの使い方の質問なのですが、宜しければアドバイス頂けたら幸いです。

    WordPressのショートコードブロックを使い、Amazonアソシエイトリンクを貼ってます。

    なので、ショートコードブロックの中には[amazon asin=”” ]などの決められた文字列が入ってます。

    それが時にはasin番号が使われなくなってしまったり、そのショートコードブロック自体辞めたい時も出ます。

    その場合にダッシュボードの投稿一覧で、WordPress標準搭載の「投稿を検索」を使って、asinなどで検索してもヒットしません。

    こんな時に、asinを使ったショートコードブロックを使ったページを探し出す方法はございますでしょうか?

    #49476

    私が使っているショートコードは Contact Form 7 のフォームくらいですが、
    ショートコードに含まれる文字列をふつうに検索できます。

    例えば、以下のショートコードを固定ページや投稿に入れた場合、
    「あいうえお」の検索にヒットします。

    [contact-form-7 id="***" title="あいうえお"]

    閲覧時にブラウザに出力される HTML には「あいうえお」が含まれていませんので、
    WordPress の検索はショートコードも対象になっていると考えられます。

    ダッシュボード内の検索でも
    ウィジェットによるサイト内検索でも
    どちらでもヒットします。

    ご参考まで。

    【追記】
    この内容のご質問は「Lightning」ではなく「その他」に投稿していただくのが相応しいです。

    • この返信は4ヶ月、 3週前に対馬 俊彦が編集しました。
    #49479

    momo
    参加者

    対馬さん、いつもありがとうございます。
    今不思議に思って再度テストしたのですが、やっぱり検索ヒットせずでした。
    もしかしたらcocoon用のショートコードの残骸だからヒットしないのかもしれません。

    私の場合は以前にcocoonというテーマーを採用した時期があって、その時にcocoonでアフェリエイト用のショートコードがあって、
    その残骸があるとLightningで現在のブログには無意味な表示が画面に出てしまっているのです。
    それを修正すべき箇所を検索したいなあと思った次第です。

    具体例は

    テスト ショートコード


    にテスト投稿があるのですが、このパージにショートコードを入れてあるのですが、その中の文字列は検索が作用しない状態です。

    このような文字も検索する方法があったらという投稿でした。

    ただ、目視で可能な限り、cocoon時代のショートコードは排除してあるので、もうそろそろ大丈夫だと思うので、
    これ以上は残っていても少数だと思うので諦めようかなとは思ってます。

    それから、投稿するカテゴリーが、Lightningではなく、その他が良いとのアドバイスもありがとうございました。
    確かにそうですね。

    #49482

    具体例の投稿を拝見しました。

    HTML ソースを見たかんじでは検索にヒットするはずなのですが、
    ヒットしませんね。

    同じショートコードを私のサイトに投稿してみたところ、
    「amazon」や「asin」でヒットしています。

    テスト 20210314

    該当部分の HTML ソースは同一なのですが…不思議ですね。

    次の手としては、サイトの MySQL データベースをエクスポートして、
    それをテキストエディターで開いて検索すれば見つかると思います。

    「WordPress MySQL エクスポート」でググればやり方が見つかります。

    #49483

    momo
    参加者

    対馬さん、詳しい実験をありがとうございます。
    cocoon時代のショートコードだからダメではないんですね。
    データーベースのエクスポートによる最終手段もご提示ありがとうございました。

    ただ、この先に同じような検索問題が出たら、と思うと、むしろ、そちらの方が心配になって来ました。
    現時点の検索対象に対しては、目視チェックで大半の旧アフェリエイトブロックは対処したので、残りがあっても無視できない訳じゃないのですが、この先に仕事のホームページなどで、全体的に検索して書き換えなければならない場面で、検索されない文字列が出てしまったら焦りそうです。

    ソースコード的にも検索されそうな形なのに検索されない私のブログ。
    ブログだけでも気になるところに、もし私の商売ページでも同じ懸念があるとしたら?

    この後で実験してみようと思います。
    結果が怖いです。

    #49484

    momo
    参加者

    対馬さん、私の仕事のHPでも同じショートコードで検索可能か?テストをしたのですが、検索ヒットしました。

    検索テスト投稿(無視してください)

    こうなると、ますます意味が分からないです。
    私の仕事ページも問題になっているブログも同じ条件で作られているはずなので。
    サーバーはエックスサーバー、テーマもcocoonを使った経緯のある、Lightning、プラグイン類も大体似たような感じです。

    • この返信は4ヶ月、 3週前にmomoが編集しました。
    #49486

    momo
    参加者

    解決しました!多分

    対馬様、皆様、お騒がせしました。

    ショートコード内の文字列が検索ヒットする場合と、無視される場合の違いが見えて来ました。

    cocoon時代にショートコードを作成して、そのショートコードのブロック自体を再利用ブロックに入れて、何箇所にも流用していたのですが、その再利用ブロックはcocoonのテーマを削除した後も、サイト内に点在しておりました。
    その再利用ブロックから流用されたショートコードブロックは、各ページに実在しているにも関わらず検索にはヒットしないようです。

    試しに、そのショートコードの中身を改めて、新しい空のショートコードブロックに書き込むと、その新しいショートコードのブロックの中身は検索可能でした。

    整理するとcocoon時代のcocoon専用のショートコードが再利用ブロックに残っている場合は、再利用ブロックが使えない状態なのに残っていて状態としておかしいので、見た目としてはソースに残っていても検索するとヒットしないみたい?

    とりあえず、現在使っていないテーマの時代の再利用ブロックは要注意な事がわかりました。

    対馬様の詳しい実験のおかげで、検索ヒットしないことが普通ではない状況が見えて、そのおかげで再利用ブロック(しかも旧テーマ専用)が問題だったことが見えて来ました。

    あとは、このような今は機能しないはずの再利用ブロックがあれば、見つけ次第削除して行きます。

    ありがとうございました。

    #49488

    念のために私の Cocoon のサイトでも同じショートコードを試しました。

    結果は「問題なし」。検索にヒットしています。

    Lightning のサイト:○
    Cocoon のサイト:○
    Cocoon から Lightning に乗り換えたサイト(1):×
    Cocoon から Lightning に乗り換えたサイト(2):○

    ということで、
    今回の現象は Lightning ・ Cocoon のどちらにも起因しないと判断できます。

    ここはベクトル製品のフォーラムですし、
    ここまでで問題点の切り分けができて、
    今後のやり方についても私の知識が及ぶ範囲で回答させていただきましたので、
    このトピックについてこれ以上のやりとりは控えさせていただきます。

    【追記】
    返信が遅れて行き違いになってしまいました。
    解決に向かっているようでよかったです。

    • この返信は4ヶ月、 3週前に対馬 俊彦が編集しました。
    #49493

    momo
    参加者

    対馬様へ
    すれ違い投稿となりお手数おかけしました。
    そして、先程、最後の御礼の投稿が何故か消えてしまいました。

    本日は貴重な日曜日に沢山のお時間を割いて実験にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
    お陰様で解決の糸口となりました。

    結論としてLightning、cocoon共に問題なく、私がcocoon時代のcocoon用の古い再利用ブロックを整理せずに、Lightningにしてからも取りこぼしがあった事が原因でした。

    この古くて今は機能してない再利用ブロックもhtmlとしては残ってたのが、ブロックエディターで編集を試みると、中身が消えて空っぽの変なブロックに変身しましたので、やはり実態としては存在してないブロックだったようです。

    実態が無いから検索にも引っかからないのですね。

    なので、今後はテーマやプラグインを切り替える時は、その時に作った再利用ブロックも気を付けて削除しようと思います。

    対馬様ありがとうございました。

    • この返信は4ヶ月、 3週前にmomoが編集しました。理由: 変換ミス
9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。